• 歯科院内

入れ歯にうんざりしている人もインプラント

入れ歯

永久歯が虫歯や歯周病で抜けてしまうと、それ以上歯が生えてくることはありません。
歯がないというのは、見た目が悪いだけでなく噛む機能にも問題があり、日常生活に支障が出てしまいます。
そこで、入れ歯をするのですが、入れ歯は歯茎の上にのせているだけで、外れやすく噛みにくいという面があり、うんざりしてしまうという人が多いです。
入れ歯があたっている部分に痛みが出るということも珍しくありません。

そのため、入れ歯に代わる治療としてインプラントがあります。
インプラントは歯のない部分の骨にチタンを手術によって埋め込みます。
チタンはそれほど大きなものではないため、そのままでは噛むことができません。
インプラントの上にはセラミック製の人工歯を装着することで、見た目も噛む機能も回復することができます。
部分入れ歯では、歯に固定するための金属のバネが目立ってしまうという問題がありますが、インプラントにはバネはありません。

インプラントは骨に結合するので外れる心配がありません。
自分の歯のような自然な噛み合わせが大きなメリットです。
セラミックは透明感のある白さが特徴なので、見た目も美しいです。
噛み合わせがしっかりすることで、食事の味をきちんと味わえるメリットがあります。
入れ歯の時代には、やわらかいものしか食べられないのが悩みだったのに、インプラントにしてから自分の好きなものを食べられるようになるという患者さんが多いです。
食事というのは生きる上で欠かすことができないものですが、楽しみでもあり、好きなものを食べることは精神的にもいい効果があります。

けれども、メリットだけでなくデメリットもあるということを知っておきましょう。
デメリットは、手入れが難しいということです。
入れ歯は外して自分できれいに洗うことができケースに入れて保管しますが、インプラントは固定式なのできれいにすることが難しいです。
歯ブラシだけでなく、歯間ブラシなどの補助具も必要です。

さらに、定期的なメンテナンスも必要です。
治療が終わってからも、数カ月に一度は歯科医院を受診して、噛み合わせのチェックやクリーニングなどのメンテナンスを受けなければいけません。
いくら自分の歯のように噛むことが出来ても、インプラントは人工物です。
悪くなる前に手入れをすることで、トラブルを回避し常にいい状態で使うためには欠かすことができません。
インプラントはきちんとしたメンテナンスをすることで、長期間使うことができます。